SMBCモビットはフリーターでも申し込めるの?

カードローン

結論から言えばSMBCモビットはフリーターの方でも申し込むことができます。

SMBCモビットに申し込みができる条件

SMBCモビットに申し込みができる条件は以下の通りです。

・20歳以上69歳未満という年齢範囲の範疇にある方

・定期収入のある方

これらを満たす方であれば派遣社員、パート、アルバイト、自営業の方でも申し込みができます。

SMBCモビットはフリーターに最適なカードローンとは言えない

ただしSMBCモビットがフリーターに最適なカードローンだとは言えません。

確かに申し込みはできますが、結論から言うとフリーターの方はSMBCモビットよりもプロミスに申し込みをする方が良いでしょう。

2つのサービスは同系列のサービスとなっており、それぞれに役割分担があると言えます。

SMBCモビットのキャッチコピーは「大人のカードローン」となっており、年齢層が上の方をターゲットとしています。

もう少し言うと所謂スコアリングが高い層が対象となります。

スコアリングという言葉は聞きなれないと思いますが、カードローンの借入審査の際に指標となる数値のことで、大きく分けると「属性スコアリング」と「情報スコアリング」に分かれます。

SMBCモビットはこの中でも「属性スコアリング」の高い方を対象にしている節があります。

属性スコアリングに含まれる項目は以下の通りとなっています。

・年収

・勤務形態

・勤務先

・勤続年数

・年齢

・住居形態

他にも細かい項目はあるのですが、SMBCモビットが重要視しているのがこれらの項目だと言われています。

年収はもちろん高い方がいいですが、それ以上に勤務形態にスコアリングの重点を置いている節があり、正社員のスコアリングが特に高い印象を受けます。

勤務先も重要になっており、大手企業の正社員などは優遇されますが、中小企業の方などには少し辛めの評価となりえます。

また、勤続年数は非常に重要で最低でも1年、基本的には2年以上欲しいところですね。

住居形態に関しては両親と同居していたり持ち家であったり社宅であったりすると有利になります。

そして他のカードローンではそれほど重要視されないのが年齢ですが、SMBCモビットに関しては「大人のカードローン」が表すように年齢層が高い方が審査に有利になると思われます。

フリーターならプロミスが最適な理由

同じ系列のプロミスこそがフリーターに最適なカードローンだと言って良いでしょう。

プロミスがフリーターに最適な理由は以下の通りです。

・そもそも若者をメインターゲットにしている

・審査通過率そのものが全てのカードローンの中でもトップクラスに高い

プロミスの歴代コマーシャルを見てみると、頑張る若者たちがメインキャラクターになっていることが多いのが読み取れます。

同系列のSMBCモビットが大人を対象としているのに対しプロミスが若者を対象にしている点はフリーター向けのカードローンだと言える点ですね。

また、SMBCモビットは審査通過率を開示していないのに比べ、プロミスは審査通過率そのものを開示しています。

プロミスの平均的な審査通過率は45%前後ほどで、これは全カードローンの中でもトップクラスです。

銀行カードローンなどは規制強化の影響もあり、高くても20%ほど、低いと一桁台のパーセントであることも珍しくないようです。

カードローン審査の厄介なところは1度でも審査に落ちてしまうと先ほども少し触れた信用情報スコアリングが堕ちてしまい、次回以降のカードローン審査にも落ちやすくなるという点です。

これは就職試験などでもよくあることで、他の面接でも通過しているとその面接でも通りやすくなりますが、他の面接が散々だとその面接も通りにくくなるのに似ていますね。

カードローンの申し込みは最初から審査通過率の高いサービスにおいてしなければならない理由です。