SMBCモビットの審査においてまず最も重要なのが「総量規制」の項目となります。

これは貸金業法という法律に定めのある規定で、貸金業者は借り入れ申し込み者の年収の3分の1を超える貸付を行ってはならないというものです。

SMBCモビットも貸金業者ですので、この規制の影響を受けます。

貸金業法に違反すれば行政処分が下ることになり、最悪貸金業者としても免許を取り消しになるため、SMBCモビットで借入をしようとする際、SMBCモビットの審査においてまず何よりも重要なのが、新たな借入で年収の3分の1を超えるないかどうかとなります。

さて、ここで気になるのが「借入」の中身になると思います。これからSMBCモビットを利用しようとしている方の中には、住宅ローンや自動車ローンを抱えている人も多いことでしょう。

これらの借入を考えると、すでに年収の3分の1どころか何倍もの借入があるということになってしまいます。

そこで貸金業法は総量規制において「除外」と「例外」の規定を置きました。

「除外」というのはそもそも総量規制に含めない項目のことで、以下のような項目があります。

 •不動産購入または不動産改良のための貸付(つなぎ融資を含む)
•自動車購入時の自動車担保貸付
•有価証券担保貸付
•不動産担保貸付
•売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
•手形(融通手形を除く)の割引
•金融商品取引業者が行う500万超の貸付
•貸金業者を債権者とする金銭賃借契約の媒介

不動産のローンや自動車ローンなどはこの「除外」の項目に該当する訳ですね。

続いて「例外」というのは、総量規制に含まれる項目の中でも例外的に貸付を許可する項目となり、以下のようなものがあります。

  • 顧客に一方的に有利になる借り換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と合わせた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業に対する貸付
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

おまとめローンや借り換えローンが認められるのもこの「例外」の項目があるからだと言えますね。

SMBCモビットの審査で判断される項目

SMBCモビットの審査においては主に以下の項目が重要視されていると言われています。

・年齢

・勤続年数

・勤務先

・年収

・過去の利用状況

・現在の利用状況

もちろんこの他にも重要な項目はありますが、SMBCモビットの審査において重要なのはこれらの項目です。

年齢

SMBCモビットのキャッチコピーは「大人のモビット」です。

同じグループ内のプロミスがどちらかと言えば若者向けであるのに対してSMBCモビットは年齢層が上の方を対象にしているカードローンサービスだと言えます。

そのため比較的年齢層が上の方の評価が高くなる傾向にあります。30才未満の方はプロミスを利用するのが良いでしょう。

勤続年数

こちらも長ければ長いほど評価は高くなります。

SMBCモビットに限った話ではありませんが、日本のカードローンは全般的に勤続年数を重視します。これはアメリカなどがクレジットカードの利用歴であるクレジットヒストリーを重視することとは対象的だと言えますね。

アメリカなどは移民の国ですし、転職をすることは当然という風潮ですので、勤続年数の長さは与信を担保せず、クレジットカードの過去の使用歴を含めた過去の借入の状況の信用度が高くなります。

一方の我が国においては転職することは一般的ではなく、同じ会社に勤め続けるということが美学ともなっています。江戸時代から脈々と受け継がれる文化と言え、主君に忠誠を尽くすのが当たり前だという価値観が根強いのですね。

もちろんそれだけではなく、過去のデータにおいて勤続年数が長い人間ほど滞納などが少ないというデータもあるため、それを反映して勤続年数の長さは評価が高くなっていると言えます。

SMBCモビットに申し込みをしたい場合は最低でも1年以上の勤続年数は欲しいですね。それ未満の方はSMBCモビットではなくプロミスを利用するのが良いでしょう。

勤務先

勤務先の優先順位としては公務員>上場企業=難関資格>>中小企業>>>>フリーター・パート・自営業と言ったところになります。

所謂社会的信用度と評価の高さが比例しているとも言えますね。

年収

高い方が有利です。400万円以上あれば問題なく借入ができるでしょう。

過去の利用状況

過去にカードローンを利用した場合はその時の状況が評価となります。

借りたものをキチント返していた場合は評価が高くなりますが、滞納などがあった場合は評価は一気に下がり、金融事故を起こしてしまっている場合は一発アウトです。

過去の利用状況は信用情報機関と言われる業者に情報の問い合わせをすることで金融機関は把握でき、また同時に情報の登録をすることも義務付けられています。

これらの情報は個人でも問い合わせができるためそれも1つの手ですが、信用情報の照会も信用状として登録されるので多少の注意は必要となります。

リンク:JICC

現在の利用状況

現在他のカードローンを利用しているかどうかですね。

他の借入は1件であればそれほど問題ないですが、3件を超えるあたりから大きく評価をさげることになります。

どちらにしても総量規制に抵触をするような貸し出しはされませんのでその点にはくれぐれも注意しましょう。

モビットで即日融資を受けるには?

モビットのWeb完結申し込みをする場合は平日の14:50までに振込手続きをする必要があります。

銀行が基本15:00で閉まるためですね。

平日のそれ以降の時間や土日祝日に即日融資を受けたい場合は以下のような方法をとる必要がありますね。

① 公式ホームページより申し込みをし審査を結果をメールで受け取る

② SMBCモビットの契約機もしくは三井住友銀行の契約機にてローンカードを発行する

③ 併設されているATMにて出金をする

モビットで審査を実際に受けた体験談

実際にモビットの審査を受けた方の体験談を見てみましょう。

モビットのカードローンを利用しました。
非上場の不動産会社に正社員で勤めています。
当時は年収が300万円を切っていて、20万円を何度も借りるということを繰り返していました。
現在は借り入れはありません。
初めて申し込んだ時はローン申込機を使っています。

正社員として仕事は持っていたものの、年収は低く生活に困っていました。
営業成績に応じて毎月の給料が変わるので良い時と悪い時の差が激しく、悪い時には家賃を払うのが精いっぱいということもありました。
初めて借入を行った時は成績の不調が続いており月の収入が15万円もないという状況でした。
そんな中でも友人の結婚式や親戚の葬儀なども多い時期でまとまったお金がどんどんと出て行ってしまい、普通の生活もままなりません。
貯金を切り崩すにも限界があり、どうしても家賃が支払えないとなった時に初めてモビットを利用しました。
実家にはその前から相談していて仕送りのようなものまでしてもらってはいましたが、父も既に定年となっていたので収入が多いわけではなくそれほど頼るわけにもいきません。
友人にも断られてしまい、途方にくれた結果がカードローンという結論でした。
最初は金融機関から借金をするということに強い抵抗があり、仕事を辞めて実家に帰ることも考えたのですが、私の実家は地方の小さな町ですので仕事もあるかわかりません。
転職活動をするにしてもやはり当座のお金は必要ですので借りるしかないと決意しました。
借入を行う時には決意が鈍らないうちにと考えて、決めた翌日には仕事の合間をぬってローン申込機で登録を行いました。

借金には抵抗があったので、極力名前の知られているところにしなければならないとは思っていました。
いくつかテレビCMなどでみかけていた大手についても調べてみましたが、正直なところそこまでの違いを見つけることはできませんでした。
初めての借り入れは利息0円などの他社のサービスは気になりましたが、裏に何かがあるのではないかと妙に勘繰ってしまったところがあり、敬遠してしまいまいました。
最終的には三井住友銀行に口座を持っていたことと、申込機が会社の近くにあったことが決め手となり、モビットにしました。
本当はWEB申込みをした方が早いとは思ったのですが、家にパソコンももっていなかったのでやむなく申込機での登録となりました。
手順自体はガイダンス通りにすれば良いだけでしたのでまったく難しくなく、スムーズに登録はできました。
審査結果を待つまでは1時間もないとはいえ、ここで借りることができないと非常に面倒になるので緊張してしまいました。
無事に審査は通り、あとは必要書類を送ってほしいとのことでしたが、これについても事前に調べておいたこともあって問題なく行うことができました。
借りると決めてから実際に借りるまではすぐに進めることが出来たので良かったです。

初めて借りた時はその月の生活費を賄うことだけが目当てでしたので、5万円だけにしておきました。
それでもそのお金はとても大きく、お陰で無事に乗り越えることができて感謝しました。
翌月のお給料は少し良かったこともあり、すんなりと返すことができたのですが、その簡単さに甘えが生じてしまいました。
2カ月後にはまたピンチになり5万円を借りましたが、その時もすぐに返しました。
しかしその次の時には借りた後に返す目処が立たず、むしろ追加で借りていました。
これは良くないと思ってはいるものの、お金は必要でしかも簡単に貸してくれるところがあると思うとつい頼りにしてしまいます。
お給料が良い月であれば簡単に返すことができると思うと小まめに何度も利用してしまい、気が付けば借り入れは20万円になっていました。
返しては借りてということを繰り返し、自分のなかで20万円が限界のラインと決めてはいたもののモビットなしでは生活できない状況にいました。
ただ、その状況から脱することができたのもモビットのお陰で、借金とはいえ生活を落ち着かせることができたのでその間に転職活動をしてもう少し良い会社に入ることができました。
そこで収入が安定するようになり、毎月少しずつ返済をして、なんとか全部返すことができました。
簡単に借りて膨らんでしまったのは怖かったですが、実際に生活を助けてくれたモビットには感謝しています。